初心者でもできるFX

初心者でもできるFX

インターネットの広告などで「FXで儲ける」「FX必勝法」などという単語をよく目にしますが、このFXとはどのようなものなのでしょうか。
FXとは、Foreign Exchangeのことで、日本語では外国為替証拠金取引と呼ばれています。
よく、ニュースの時間に、「本日は1ドル80円〜81円で取引されました」という内容が伝えられていますが、このように、ドルなどの外国の通貨と日本の通貨である円の価値は、その日の経済状況や政治状況などによって変化しており、これらの状況に応じ、各国通貨の価値は日々変化しているのです。
この価値は具体的にどのように決まっているかというと、世界中に存在する通貨取引所における各国通貨の売買によって決まっています。
「通貨を売買する」と言うと、不思議に思いますが、簡単に言えば、「1ドルに対し、何円まで皆が出したいと思うか」を取引によって決めているということです。
これは「為替相場」と呼ばれています。
元々、このような通貨の取引は、例えばアメリカと日本の間で輸出入を行っている自動車会社などが、急激な為替相場の変化による会社の利益の乱高下を避けるために重宝されてきたものです。
その一方、このような為替取引は、投資で利益を上げたい機関投資家や個人投資家にとっても非常に魅力のある取引です。
元手となるのは自国通貨で、この自国通貨を適切なタイミングで売り買いすることで、多くの利益を上げることができるのです。
特に、FXと呼ばれるものは、レバレッジという仕組みが存在しており、少額の証拠金(取引の元手となるお金)によって大きな額の取引を行い、巨額の利益を上げることができるという点で、個人投資家にとっても非常に魅力的な金融商品なのです。
もちろん、投資なのである程度のリスクはありますが、初心者のうちは低めのレバレッジから始める・シミュレーション取引で十分慣れていから実際の取引を始めるなどの工夫により、楽しみながらFXで利益を上げることができるでしょう。